小谷 まなぶの中国ビジネス日記~2010年3月掲載記事:エクスプロア・ブログ
エクスプロア上海TOPへ NO388--ageha(アゲハ)    fmRiLZVVVFjHtUI--万怡酒店    雲南省地震 死者367人に 行方不明5人 負傷1801人    上海タワー632メートル到達~世界第2位の高さ家賃も超高    上海電影(映画)博物館に行ってきました!     TOP > BLOG > 小谷 まなぶの中国ビジネス日記


プロフィール


肩書き


経営コンサルタント & 運命鑑定士


 


人生相談 経営相談 人事相談 ・・・


一般社団法人 ジャシボが運営する『ジャシボ学園』 ビジネス・精神世界の人材育成をおこなうための学園です。本拠地は、神奈川県厚木市 本厚木からスタート。中国ビジネス・語学スクール・精神世界スクール・海外の大学と提携して、海外留学サポート等




Email  info@jcbo.org


 



小谷まなぶのFACEBOOK


一般社団法人 ジャシボ


Emai info@jcbo.org



【イベント、講演依頼】



小谷まなぶ先生による手相鑑定および、ビジネス、占いなどの分野で講演いたします。企業イベントなどで講師として、手相鑑定の先生として、ご要望がございましたら、出張にて、対応いたします。



講演料 イベント等での鑑定料として、4時間以内で、出演料10万円にて対応いたします。交通費及び宿泊費は別途請求いたします。ご希望がございましたら、御連絡ください。



■占い経営コンサルタント 小谷 学



通常のコンサルティング手法とは違い、手相を中心として、個人の運気、易学など各種占いの方法を用いて、業務にどう対応するかアドバイスいたします。複雑化するビジネス世界で、きっと、占いの世界は役に立つでしょう。お手伝い致します。



【自己紹介】

・神奈川県在住 現在

・氏名 小谷 まなぶ

・出身 和歌山県

・上海暦 17年目 

【出身校】 

・高校 近畿大学附属和歌山高校

・大学 国立 東京商船大学(東京海洋大学)

・留学 上海師範大学 【職暦】

・東証一部 IT企業 トランスコスモス株式会社

・東証一部 日系塗料メーカー 上海勤務

・上海外高橋保税区 日系物流倉庫会社 総経理

・30歳の時独立 SFE貿易を起業 【運営法人】 中国法人 上海泉能貿易有限公司 香港法人 香港泉能貿易有限公司 日本法人 一般社団法人 ジャシボ ■ セミナー実績『講師実績』

・鳥取県青年会議所 「中国貿易セミナー」

・名古屋地区青年会議所 「中国ビジネスセミナー」

・名古屋異業種交流会「旬の会」「中国貿易セミナー」

・西日本シティ銀行 義烏視察ビジネスセミナー

・新建新聞社主催、中国建材セミナー

・宮崎県ジェトロ主催「中国ビジネスセミナー」

・上海・東京・福岡にて、自社で主催の「中国ビジネスセミナー」を多数開催 セミナー受講人数 3000名以上

・その他、上海企業研修時に講師を行なう。 【教育関連】

・北京大学 EMBAコース講師(中国)

・中京大学 非常勤講師 (日本)

・上海立信会計学院 特別講座講師(中国上海) 【中国関連 人民政府顧問等】

・江蘇省大豊市 日本企業誘致顧問

・江蘇省海安県 企業誘致高級顧問

・上海市 旗忠経済城 誘致顧問 【役職】

・上海和歌山県人会 幹事 【連載記事】

・中国の日本語雑誌「SUPERCITY」のWEB版にて『小谷学の手相鑑定』のコーナーを毎月連載 【趣味】

・ドライブ・旅行(パワースポット巡り)

・お寺参り・占い・ スピリチュアルな世界の探求・商売 【好きなもの】

・自動車・パソコン・アキバ系のもの、多少オタク! ■香港法人 香港泉能貿易有限公司

小谷まなぶの中国ビジネス奮闘記 メルマガ配信 登録はこちらのサイトから!


ご意見ご感想はメールにて



小谷まなぶのアメブロでのブログ




RSS 1.0My Yahoo!に追加


2010年03月31日 商売人として生きるには
 今日は、午前中から、お客様にアテンドして、建材の展示会に行ってきました。今年の展示会は、何か、パワー感じませんでした。2004年から、ほぼ毎年のように見学に来ていますが、出展企業が洗練されているというのか、何か、少し無機質な感じがしました。
 
 その理由は、わざわぜ、展示会に見に行かなくても、インターネット上で商材を探せるというバイヤーの感覚が根付いてきた結果ではないだろうかと思いました。
 私自身、今、アリババ中国貿易講座をアリババジャパンから委任されて行なっていますが、その中で、アリババの創設者のジャックマー氏が、プロモーションビデオの中で語っています。『インターネットを利用することで、展示会などに参加しなくても、バイヤーは、瞬時にサプライヤーを探すことができる。そんな労力と費用をかけなくても、ビジネスが出来るようになった。』と話してます。

 多くのバイヤーは、インターネットを利用して、商材調達を行なうようになった結果ではないかと強く感じました。

 ビジネスの世界で、常に感じることは、良縁を得ることがでれば、成功できるということです。
 人は、ある物を見た瞬間、そのものと意識的につながります。
 感が良い人は、無意識に、いい物を選びます。

 実は、情報量が増えて、便利になればなるほど、人が選択しなければならないことが増えて行きます。

 膨大な情報で、どれを選ぶか?

 インターネットで情報を発信することは、今の時代、誰でもできるのです。誰でもできるので、どの情報を信じたら良いのかは、その選択は、難しくなります。

 こんな時代になればなるほど、人の予感という感覚が非常に大切になります。

 世の中が、効率的になれば、なるほど、予感という感性を磨き、瞬時に判断を下せる感覚が、ビジネスマンにとって、必修事項になると思います。

 今日も、2人の経営者の方にアテンドして、いろいろ廻りましたが、その経営者の方も、非常に精神的な部分を研究しています。
 予感を与えるファクターとは、一体なんであるか?それは、霊的な感性であることは、事実です。
 意識の世界は、今、第五感の世界を超越して、第六感の世界の理解ができなければ、ビジネスの勝ち組になることが出来ないことが言えます。

 予感を信じる。予感を感じる。予感を与えるのは、守護神的な霊的信号です。その霊的センサーの鋭敏さが、ビジネスの成功を決めるのです。
 今日は、そんな話で盛り上がりました。


2010年03月30日 オフィシャルサイト完成!!
 今日は、夕方から、以前作りかけていた自分のオフィシャルサイトを完成させた。
 

 まさに、ドメイン名は、

 www.kotanimanabu.com です。


 小谷 まなぶ ドットコム!!

 
 自分の名前をドメインにして、名刺代わりにするって、カッコいいですよね。
 
 これから名刺を忘れても、お客様にいえます。

 『ああ、名刺今日は、きらせてしまったけど、あの 小谷 まなぶ ドットコムを見てもらったら、私の自己紹介書いていますから、それと連絡先も!!』って紹介できますよね。

 すべて、インターネットで公開可能な個人情報を出すことができます。

 便利ですね。


2010年03月30日 富裕層を狙った勧誘ビジネスモデル
 今日は、なぜか数件、富裕層を狙ったビジネスをしている企業から連絡が来た。たぶん、ブログの性であろうか?それとも、何を調査したのかわからないのだが、なんからのデーターに私のリストが載っているのであろうか?
 確かに、ネット上で目立っているが、私は、特別金持ちでもないので、適当に、上海在住の外国人経営者、富裕層リスト的なものに、勝手に掲載されているのではないかと思った。
 
 日本と違って、中国で、資産が幾らあるかなどの調査は、非常に難しい。

 中国人を見ていて、お金持ちもそうで、お金のない人、お金がなさそうで、金持ちの人と言うのをよく見る。
 
 私の友人の中国人が、このように話をしていた。『中国で、一番幸せなのは、静かに暮らし、金持ちである。』と言っていた。

 すなわち、金を持っているということで、注目された人は、相当狙われるということである。
 
 その友人が話した。『小谷、お前、日本で有名になってもいいけど、中国で有名にならない方がいいぞ。中国人は、「太った豚は、食べられる」と言う。』と言われた。

 確かに、太るということは、目立つ、金持ちになるということであろう。

 中国で幸せな人というのは、静かに、金持ちと言うことだろう。


2010年03月30日 私の守護神との対話
 すべての人に、守護神と言われる存在がついていると言われています。守護神が、自分の運命を左右しているといってもよいほど、現世に生きている人に影響を及ぼします。
 私は、過去に何度も経験したことですが、『心の中で、こんなことをやってみたい、こんな人脈が出来たらなぁ』と思っていたら、いつも、偶然の一致というのか、シンクロが起こり、人の縁で、その業界で最高峰と言われる人と人脈が出来たりします。
 自分自身でも、ほんと、不思議なことが起こるなぁ・・と思うことが良くあります。

 シンクロの経験が非常に多いのです。

 しかし、守護神が強すぎるということは、少し厄介な問題もあります。自己意識よりも、守護の力が強すぎると、守られていることは守られているのですが、自分のやりたい方向性が合ったとしても、守護神から言わせれば、ちょっと、違うのではないかと思う方向性に進むと、すぐに、軌道修正されることです。

 あまりに、軌道修正が極端なために、面白さがないのです。
 
 私は、自分の守護神が、あまりに強いことに気付いたのは、28歳のときでした。その時に、思わず、守護神に対していった言葉があります。
 『君たちのやりたいこと(守護神達)は、よく分かった。私に期待していることも分かっている。だから、君達【守護神達】がやりたいようにやるから、その代わりに、条件を出す。お金持ちしてください。』

 と話したことがあります。

 しかし、この約束は、あまり守っていないような気がする。
 確かに、中国で会社経営をして、社員を雇い、普通の生活を行うだけの収入を得れているのですが、大きな夢を実現するには、お金が必要になります。

 世の中に対して、社会貢献といっても、社会貢献を行うにも、個人で行うには限界があり、また、何かをするにも、すべてに対してお金がかかるのです。
 例えば、交通費、交際費、また、イベントなども催しても、コストがかかるのです。
 私は、中国貿易というテーマをもって、日中の架け橋事業を行いたいと思って、多数のセミナーを行ってきました。すべて、自分の持ち出しです。
 それでも、良いのです。一度しかない人生で、常に頭の中で感じていることは、『目的のある人は、死なない。』と思っているのです。
 しかし、何か人生の生き方に対して、すごくコントロールされているように感じるのです。
 実は、それは、自分が感じる成功感とは、また違うのです。
 
 私は、最近感じるのですが、ほとんど、公共物化しているように思います。

 多くの人があつまり、毎日にように、誰かが、会いたいと連絡をくれて、自分のプライベートの時間は、ほとんど寝る時間だけという、それ以外何もない生活を続けています。
 すべて、人のためになれば、良いと思って行っていますが、
 時々、そんな人生を完全に放棄してみたら、どうだろうか?と思うこともあります。

 自分の意思じゃない方向性に、なにか、勢いよく進んでいく。
 そう、周りから何か、期待されることで、作られていく自分。
 
 そんなときに、意識を鳥瞰図的に、肉体と、魂を切り離し、肉体は、あくまでも、ロボット用に働き、意識は超越して、魂の世界で生きる。

 そんな生き方を求めたくなってきます。
 生きるために、お金は必要、このレベルの金銭的収入を得るのは、私にとって、難しいと感じることはないのです。しかし、大志を抱き、そして、何か大きなことを行いには、今の守護神の遣り方、レベルでは、私自身、完璧な目標達成など到底出来ないと感じます。

 そこで、インターネットを利用して、魂の世界に話しかける。

 大きな目標を実現するために、十分な資金を提供してくれる守護神を採用します。夢があっても、先立つものは、金。そうなんですよね。

 私自身の守護神にも言う。『甘えるな。お前達も努力しろ』
 
 そうでなければ、私も突然、すべてを放棄することがあることを忘れてはいけない。


 私と守護神との対話を、書きました。


2010年03月30日 リーダーの条件は、一番運のいい人がやるべきである。
 昨日は、夕方から大阪の商社の方と打ち合わせをしました。
 
 海外に出ている方から言わせれば、『なぜ、日本は、そんなに悲観的に物事考えるのだろう?そして、今の日本の経済や、社会に対する考え方も、良くなることがない。苦しいのを我慢すればいい。』という考えになっている。

 この話題が出たときに、こんな話しを私がしました。『世の中の方向性というのは、人の意識した方向性に進んでいくのです。だから、今、日本を取り巻く思考に対する方向性は、とても、素晴らしい社会を形成する方向性を目指していません。だれが、決めたのか知りませんが、日本の発展は、ここまでというアナウンスが多すぎる結果、今の結果であり、これから、5年、10年は、間違いなく、日本に居ても良いことが起こらないでしょう。』

 経済指数など、正直言って、私から言わせれば、経済の目安にはなるが、この数字を計算して、予想して、決めてしまうこと自体が、経済を縮小させてしまうのだとおもうのである。
 日本は、20年間以上、ほぼ横ばいで、ここ数年は、経済が縮小傾向に向いている。
 昨年末に、民主党の2020年に向けての国家戦略が発表された、将来に対する成長予想に対して、マスコミや、経済評論家は、根拠がない発展論であると、その計画に対して、いろいろコメントをしたが、世の中に対する期待値というのが、世の中をよくすることを誰も言わないのが残念であった。

 もう一つ言えば、期待させるプレゼンをすることができる国会議員が沢山いれば、日本の経済は、もっと良くなることは言うまでもない。
 
 演説などでも、文章の棒読みでは、何も人に伝わらないである。

 困惑した時代、将来が見えない時代にこそ、熱いプレゼンが必要になる。
 熱い思い。プレゼンが、世の中の発展に対する期待値を高めるのである。 

 景気という言葉を考えても、経済は、『気』に影響を受けるのである。気の影響を受けるものは、それは、すべて、魂に関係するものである。
 心の中にある魂。魂から、いい気を出すと、景気も回復する。そんな世界であることがいえるのである。
 日本の今の暗さを見ると、日本の魂に、元気がなくなってきているように思う。

 元気になる話をリーダーが行なわなければならない。

 リーダーの条件とは、簡単である。私は、常に思うことは、一番運のいい人がリーダーになるのである。しかし、日本社会は、年功序列など、リーダーになるために、順序を決めたり、基準を決めすぎた結果、運のいい人、リーダーになれる人が、なれない社会構造を作り上げていることが、活気を損なっている原因になっていると思うのである。

 


2010年03月29日 ソリューションビジネスは、究極は、運気を向上させること
 私は、次世代のビジネスソリューションを考えたときに、究極は、『私は、あなたの会社の運気を良くする事ができます。』という以外なくなるのではないかと思っています。

 なぜならば、今、企業に対する支援事業は、考えられることは、ほとんどおこっており、理論や、計画性だけで行えるソリューションビジネスの限界に達しているのではないかと思うのです。

 企業に対するビジネスソリューションは、やはり、会社の運気を高めるサポートだということがいえます。

 なんとなく、ばかばかしいと思うかもしれませんが、中国の大学では、易学を大学の講義で教えています。
 占いを大学で教える。

 中国でビジネスをしていて感じることは、運を調べることが、究極のビジネスソリューションだということがいえるのです。

 中国の経営者の考え方は、『人事採用は、能力あるのは当り前、人相がいいこと』という条件が含まれます。
 運を下げそうな人相の人は、永遠に出世がないのです。
 というと、言い過ぎかもしれませんが、いい顔というのが、出世の基本になります。
 中国で見る政府のリーダーの人は、ほとんどの人は人相が良いです。

 やはり、成功は、運気が決めるということが要素が大きいと感じています。

 ですから、私は、思っています。究極のビジネスソリューションは、『御社の運気をUPして、ビジネスの成功を導きます。』ということを体系化した企業でしょう。

 中国で皇帝になった人は、ほぼすべて、『軍師』と言われる易ができる人を採用して、戦略を練っていました。

 究極は、運がいいこと。それが、最高のソリューションだと言えます。
 
 私は、常に感じることは、その部分の大切さ。

 強いて言うなら、運の強い人、幸福度が高い人の周囲では、問題が起こることがほぼないのです。

 運が悪くなると、ぼろぼろ、いろんな問題が出てきます。

 人生のかげり、それは、運気が下降してきたときだということ

 運気をあげるには、4月10日に開催する 異業種交流会 パワーストーンにご参加ください。

 お申し込みは、コチラのサイトから!!


2010年03月29日 登録制 通訳アルバイト募集
 不定期ですが、登録制の通訳のアルバイトを数名募集します。
 日本人女性の方で、通訳のアルバイトを募集します。上海で行う展覧会や上海万博などで日本から来るお客様のアテンドをしていただき、展示ブースの方との簡単な商談を行う通訳を募集します。
 日当は、面談の上決定したいと思います。
 ご希望の方は、当方に御連絡ください。
 
勤務地は、上海 もしくは、上海近郊
 

 メール kotanimanabu@gmail.com

 まずは、メールで簡単な履歴書を送付してください。
 こちらから連絡いたします。

担当 小谷 まなぶ




2010年03月29日 早速、中国ビジネス留学の問い合わせが
 先日のブログで、中国ビジネス留学について、記載したことで、早速、そのことについて問い合わせが来ています。
 ブログの威力は、すごいです。真剣にカリキュラムを考えますので、しばらくお待ちください。今頭の中でイメージしていることは、定員は、5名程度で、期間は、1年間。
 日中は、弊社の事務所に来て、中国ビジネスを実践と、講義で学んでいただき、夜間大学の中国語クラスに通ってもらうという中国語語学と中国ビジネスのを実体験で習得してもらうというコースを考えています。
 ビザ取得に関しては、Fビザの2年マルチの半年物というのがありますので、それを取得してもらい、上海に来て留学することで、計画します。

 また、就職などに関しては、弊社のクライアントなどが、多数ありますので、中国ビジネスに興味がある会社社長をたくさん知っておりますので、希望があれば、人材の紹介していきたいと思っています。

 中国で何かやってみたいというビジネスプランのある人を募集したいと思っています。
 
 最終的には、中国貿易が実践できる人材の育成を行いたいともっています。

 ちょっと、まってください。


2010年03月29日 北京大学のEMABコースの理念を知った。
 昨日は、北京大学のEMBAクラスの打ち合わせを上海の弊社のオフィスでおこないました。北京大学からわざわざ上海までお越しいただき、打ち合わせしてしていただき、非常に光栄でした。その後、宴会ということで、虹橋にあるちゃんこ屋に行き、夕方6時から宴会がスタート、終了は、午前2時過ぎ、ものすごく盛り上がりすぎでした。
 ブログで北京大学のEMBAについて、昨日UPしましたが、その情報を見て、卒業生の方も、急遽、宴会に参加していただき、非常に盛り上がりました。
 
 参加者の方から、こんなコメントを頂きました。

 『小谷さんのことは、6年ほど前から、インターネットを通じて知っていました。やはり、実際に、中国でビジネスをしていて、興味がある部分は、法律的なことも大切ですが、「実際は、どうなってるねん!」という話が興味があります。また、運をどうやったら掴むのか?というブログの話も非常に興味がある』というコメントを頂きました。
 
 私は、実際に中国に来て、14年目になり、また、自分で、上海で起業して、今年で7年目になります。実際にどうやったら、この街で生きていけるのか?そのノウハウについて、興味があるということだと言うことです。

 また、日本人の中国ビジネスに対する観念ということにも話になり、『日本人は、中国でビジネスがうまくいかなければ、すぐに、「チャイナリスク」だという話をするということにも言及しました。』
 チャイナリスクセミナーや、リスクについての説明が、多すぎて、実際に、ビジネスする上でのノウハウについて、話をする人が少ない。というのが、中国ビジネスのポイントではないでしょうか?

 確かに、どの国でもビジネスをする際には、リスクというものが存在します。しかし、リスクに対しては、その国の法律や、制度、文化などを勉強することで、回避できる部分が多いのです。


 対中国ビジネスを行う経営者の方は、必ず、中国ビジネスに対する法的な部分を知ることが大切であり、実は、一番大切なことは、日本人が、中国ビジネスについて真剣に学んでいないということが、失敗の原因であります。
 
 私は、常に思うことは、『物事の結果は、そのことをどれだけ学んだか?それとどれだけ真剣に考えたか?という時間に結果が比例する』と思う。という話をよくします。

 ある人に言われました。『小谷さんは、いい時期に、中国に行きましたね。先見の目がありましたね。だから、いい結果が得られたのでしょう』

 確かに、10数年前に中国に来て、中国の高度成長の一番熱い時期を、見てきました。
 だからといって、私が、中国ビジネスの結果を残したのと、そのことはあまり関係していないと思っています。
 私は、朝から晩まで、どうやったら、中国で生きていけるか、そのことを、毎日考えているからです。
 
 だから、分かったことがたくさんありました。

 結局はいえることは、幾ら時代がよくても、真剣に学ぶ、真剣に考えるという行為をしなければ、結果などついてこないです。

 原因と結果という言葉があります。

 結果がある前には、原因があると言うことがいえます。

 原因とは、中国貿易、中国ビジネスをどのようにやったら、うまくいくか考え、まなび、実際に試行錯誤してきた結果が、今の結果になっています。


 私は、常に中国ビジネスの教育が大切だと思っていました。
 今回、北京大学のEMBAの外国人初の講師になったこと、非常に嬉しく思います。事務局の先生とお話をしていて、こんな話がでてきました。
 『私は、北京大学で、なぜ、外国人クラスのEMBAを開設したかったか?その理由は、日本に5年間、留学して、その中で、感じた、日本人の中国に対する誤解という部分を何とか、教育という分野で、貢献し、多くの外国人が、中国の信の姿を知ってもらい、ビジネスで成功してもらいたいとおもったので、このEMBAコースを開設しました。」とおっしゃっていた。

 やはり、誰もが感じる日中間の温度差に対して、何とかしたいという思いが、このコースを開きたいと言う魂だということだ。

 私自身も、6年ほど前から、中国ビジネスセミナーを開講し始めた理由は、『中国に行ったらだまされるよね。』という言葉に非常に遺憾に思ったことがあったからです。

 『たしかに、どの国にもリスクは存在する。いい人も、悪い人も世の中に居る。しかし、固定観念をもつことは非常に問題を感じる。私自身、感じていることは、日本人として、人より多く中国を知ることが出来たので、今知っている中国を教えることが大切だ!』と思い、今まで、中国ビジネスセミナーを開催してきました。

 事務局の先生とも、私たちの考え方、目指している方向が一致しているということを確認できたこと。そして、このような形で、コラボできたことは、私とって非常に幸せなことです。
 
 人は、心の中に本気でおもっていることがあれば、必ず、そのような縁のある人が集まってきます。そして、お互い、いい方向性を作り上げるために、相乗効果を生み出します。
 
 幸運の掴み方は、大きな理想と、そして、平和、調和を心から祈ることだと思っています。

■北京大学EMBAについての情報


2010年03月28日 北京大学のEMBAクラスの講義日程決定!
 本日、北京から、EMBAクラスの先生が、弊社にお越しいただきました。北京大学のEMBAの講義の日程を決めました。5月の第三週の週末に行なうことになりました。
 講義の内容については、これから細かい打ち合わせをしますが、遂に、北京大学のEMBAクラスで、初めて、外国人が講師をすることになりました。
 私自身、こんな光栄な抜擢に喜んでいます!!

 北京大学EMBAクラスの情報は!!

 




顧問会員企業募集中

 

小谷大明神への祈願方法

小谷 学のオフィス

日本法人 一般社団法人 ジャシボ  【東京事務所】 〒107-0052 東京都港区赤坂8-5-32 田中駒ビル2F TEL 03-4590-3020  【神奈川 本厚木事務所】 〒243-0018 神奈川県厚木市中町4-10-3 中町三紫ビル501 URL : www.jcbo.org 中国法人 上海泉能貿易有限公司 香港法人 香港泉能貿易有限公司

中国貿易のノウハウを、小谷学が解説

中国からの商材調達は、弊社にお任せください!小谷学が経営するSFE貿易をよろしくお願いします。

上海・香港における法人登記・オフショア法人口座開設は、SFEで!


御連絡先 TEL 03-4590-3020(東京)

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

GOOGLEでブログ内検索

 

アリババ中国貿易講座 の情報は!!

■中国進出のサポート企業の紹介 環境対策商品『マリンの紹介』


 SFE 代表 小谷 学氏が中国 人民政府から頂いた日本企業の中国進出に関する高級顧問委託書類

『小谷 まなぶ』の 中国ビジネス 動画 セミナー 全内容公開!!


東京浅草 中国ビジネスセミナー 2時間50分

 


福岡中小企業振興センター 中国ビジネスセミナー 1時間57分

 


東京 四谷 中国ビジネスセミナー 2時間34分

 


東京 上野中国ビジネスセミナー 1時間8分

 

 

 
BBS7.COM
MENU RND NEXT

■小谷まなぶの関連ホームページ
小谷学の開運!中国ビジネスブログ!
上海家具ドットコム 家具工場の紹介
賃貸倉庫・神奈川県内物件
上海和歌山県人会のホームページ(公式)
ジャパンフードビジネス
アジアトレード
日本選挙研究会
FIDELI 小谷学の中国ビジネス奮闘記
あかつき行政書士事務所

友人相互リンク

島原管材のホームページ

NEO/CUBE的生活

諸磯神明社 掃除ボランティアの会

SEO対策:上海
SEO対策:貿易
SEO対策:コンサルティング
SEO対策:中国
SEO対策:ビジネス
free counters

過去のブログ

2006年9月15日

開始

2014年3月の記事 2014年2月の記事 2014年1月の記事 2013年12月の記事 2013年11月の記事 2013年10月の記事 2013年9月の記事 2013年8月の記事 2013年7月の記事 2013年6月の記事 2013年5月の記事 2013年4月の記事 2013年3月の記事 2013年2月の記事 2013年1月の記事 2012年12月の記事 2012年11月の記事 2012年10月の記事

2012年9月の記事 2012年8月の記事 2012年7月の記事 2012年6月の記事 2012年5月の記事 2012年4月の記事 2012年3月の記事

2012年2月の記事 2012年1月の記事 2011年12月の記事 2011年11月の記事 2011年10月の記事 2011年9月の記事 2011年8月の記事

2011年7月の記事 2011年6月の記事 2011年5月の記事 2011年4月の記事 2011年3月の記事 2011年2月の記事 2011年1月の記事

2010年12月の記事 2010年11月の記事 2010年10月の記事 2010年9月の記事 2010年8月の記事 2010年7月の記事 2010年6月の記事

2010年5月の記事 2010年4月の記事 2010年3月の記事 2010年2月の記事 2010年1月の記事 2009年12月の記事 2009年11月の記事

2009年10月の記事 2009年9月の記事 2009年8月の記事 2009年7月の記事 2009年6月の記事 2009年5月の記事 2009年4月の記事

2009年3月の記事 2009年2月の記事 2009年1月の記事 2008年12月の記事 2008年11月の記事 2008年10月の記事 2008年9月の記事

2008年8月の記事 2008年7月の記事 2008年6月の記事 2008年5月の記事 2008年4月の記事 2008年3月の記事 2008年2月の記事

2008年1月の記事 2007年12月の記事 2007年11月の記事 2007年10月の記事 2007年9月の記事 2007年8月の記事 2007年7月の記事

2007年6月の記事 2007年5月の記事 2007年4月の記事 2007年3月の記事 2007年2月の記事 2007年1月の記事 2006年12月の記事

2006年11月の記事 2006年10月の記事 2006年9月の記事

 


inserted by FC2 system

記事タイトル一覧

カテゴリ一覧


北京][天津][上海][広州][深セン][香港][トラベル][ビジネス][ゴルフ][上海雑技
[上海のホテル][北京のホテル][天津のホテル][広州のホテル][深センのホテル][香港のホテル]
Copyright(C) since 1998 Shanghai Explorer
y_12
inserted by FC2 system